2005年08月29日

Car Design SAAB 9-3 No.3

サーブ・9-3・9-5 ディーラーに行くとお目当ての車のパンフレットを頂きますが、そこでその車のアクセサリーカタログも頂きます。



私はUSED Car ばかり購入していますが、その時もアクセサリーカタログを頂いております。



ですので今では古くてパンフがない場合はCopyの時もありますが、なんとか営業の人に探してもらいます。



車のパンフ以外にこれがあるとさらに車のイメージがわいておもしろいです。



しかもアクセサリーカタログを見ると、ここでもデザインや安全性にSAABがこだわている姿勢が良くわかります。



2002年モデルのアクセサリーカタログから・・・



「我々はホイールをミクロン単位で計ります」



サーブのエクステリアや機能性にチューニングを施すのであれば、ひとつだけ心がけて下さい。貴方のサーブがサーブであるように。



サーブはクルマの細部にわたるところまで安全、魅力的、機能的であるようにデザインされています。装着しようとしているアクセサリーにも、妥協のないクオリティを求めてください。



・・・以下省略



・「我々の名誉をかけて」



サーブのロゴが刻印されるまで、アクセサリーパーツはクルマ自体と同様に過酷なテストを繰り返します。



我々が求める基準はひとつだけ。



それはアクセサリーパーツでもクルマと同じなのです。



以下省略



・「衝突安全性以上のもの」



サーブにアクセサリーを装着すると、貴方のクルマの一部と化すのです。



そしてクルマのパフォーマンスと快適性に直結しているといっても過言ではありません。





アクセサリーはクルマが持つオリジナルの個性を傷つけてはなりません。



むしろ、クルマの個性をひきだすものであるべきです。



以下省略



またまたSAABに惚れるmoaoでした・・・



9-3・サーブ・SAAB



posted by moao at 01:04| 東京 ☁| Comment(18) | TrackBack(1) | SAAB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

SPA In BALI

spa_at_melia 今回はSPAの紹介。



Bali というとやっぱりパンフレットでもすぐ創造できるのがSpaですね。これでみんな癒されるんですね。



私達はコンラッドの「Jiwa Spa」に行かず前に紹介した「Melia Bali」の中にある「Spa at Melia」に行きました。



ここに行った理由は口コミの評判が良かったからです。



コンラッドはまだ「Jiwa Spa」が未完成だったのと高そうというイメージからでした。



当日メリアバリへ行くTAXIをエントランスで待っていると、いつものように明るいStaffが近寄ってきて「今日はどこにいくの?」って尋ねてくる。



メリアバリのスパに行くと告げたら悲しそうな顔をしていたのを今でも憶えています・・・やっぱりそうですよね、自分達のホテルの利用しないんですから。



で、メリアバリに到着するとメリアバリのStaffがSpaまで案内してくれました、ここでは「ぜひ次は私達のホテルに宿泊してください」とあちらのホテルスタッフが行ってくれました。



さて、SpaはPoolのすぐ近くにありましてメニューは「バリメモリーズ」2時間のコースを選択しました。バリニーズマッサージ、ホット&コールドジャクジー、リフレクソロジーそして海を見渡せるガーデンでのティーブレイクというコースです。



男女別々の更衣室に案内され中には黒い紙のようなものが・・・



どうやらマッサージは紙おむつみたいのを穿いて受けるらしいです。男女とも・・・



そしてマッサージ室へペアで受けることにしていた私達は一つの部屋へ。



ここで思ったんですが、私達は結婚しているからいいですが、付き合い始めの彼女の場合はお互い裸に近いので抵抗があるかもしれませんね。



で、まず6種類ぐらいあるエッセンシャルオイルから好きな物を選び、その香りに包まれながらマッサージをしてもらいます。



オイルマッサージに指圧やヨガなどの技術を組み合わせたものがバリニーズ・マッサージと呼ばれるらしいです。



バリ女性の方が流れるような手つきでマッサージしてくれます。



疲れた肩や背中などの凝りがほぐれます。



そしてこの香り・・・リラ??クスって感じでしょうか。



終わると、更衣室でオイルを落とすんですがなかなかオイルが落ちないんですね・・・



なんとか落としてジャクジーで一休み。なんか狭いタイルのお風呂です。



パンフレットの写真のような優雅さはない・・・しかもここは男女別で面白くない。



で、出ると今度は楽しみしていたガーデンでのリフレクソロジーとティータイム・・・



優雅なひと時を想像する私・・・ガーデンへ出ると椅子がいくつかあってそこでリフレクソロジーが始まる。



そして、ティー・・・ブレイク・・・うん?



これは私のはコーヒーを頼んだが来たのはお湯とインスタントコーヒーの袋とビスケット・・・



あれ?バリコーヒーとかきれいな器でくるんじゃないの!?あれ?



と優雅なひとときを想像し過ぎた私は現実はチープなひとときにびっくり。



未だに信じられない自分だが、そんなことを考えているうちに良く見るとお皿にビスケットが一枚足りないではないか!!?



リスがびくびく震えながら持ち去っていた・・・・良くみたらまわりの木にはリスがいっぱいいるし。コンラッドではゴキ以外に動物を見ていないけどこのホテルはリスがいっぱいいます。



PICT0060



逆にそれが新鮮でした。



総合的に考えてこのSpaはいいのだろうか??



私はまあまあ・・・かな。





リーズナブルな価格設定ですのティーブレイクがなければ満足だったかな。





ということで、コンラッドに戻って「Jiwa Spa」が見たくなりました。



早速戻って「Jiwa Spa」へ行き見学させていただくようにお願いしました。



見学OKとのことで早速中へ、写真がなくて申し訳ないですが洗練されたインテリアの中での癒しがここにありました。きれいな内装でバスのデザインも良く気に入りました。



ここと比較するとメリアバリはあれはあれで開放的であり良いかもしれません。



そしてPoolですがここはまだ完成ではなかったですが、コンラッドらしいセンスのある完成したPoolが脳裏に浮かびました。次回を楽しみにしようと。



今、インターネットで見ていると「Jiwa Spa」は完成していてやはりおしゃれなPoolに仕上がってますね。



次回はぜひ「Jiwa Spa」を利用したい、そしてStaffの悲しい顔ではなくとびっきりのSmileを見たいと思いました。



次回はコンラッド・バリでの食事を紹介



posted by moao at 02:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BALI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

The charisma of the Bali Island food community

バリ料理・ブンブバリ 今回はバリ料理レストランの紹介!!



バリ料理の現地のレストランというと、水は飲むなとか氷に気をつけろとか言われお腹をこわしてせっかくのVacationを棒に振りたくないので、ここはお店もきれいで安心して食事の出来るバリ料理レストランに行きたいと思いこのお店へ・・・お店は「Bumbu Bali(ブンブ・バリ)」です。



コンラッドからはTAXIで非常に近いです。何分か忘れました・・・が近すぎてTAXIに悪いと思いおつりはいらないとかっこつけました。



日本人的ですね・・・反省。



そうそう、このレストラン人気があるので予約をしていきましょう。



カタコトの英語で予約も簡単に出来ますので大丈夫。心配ならばホテルのフロントでお店と電話番号をみせれば予約してくれます。しかもとびっきりの笑顔で・・・コンラッドのスタッフは本当にすばらしいSmileをします。



で、ここは本格的なバリ料理を出してくれますしオーナーのハインツ氏はバリ料理界のカリスマと呼ばれているらしいです。



なんでもリッツ・カールトンのシェフをされていたり「ザ・フード・オフ・バリ」という著作もあるそうです。さらにここではバリ料理の料理教室もあるみたいです。



店内はバリの伝統家屋のようなつくりでバリに来た感じがします。



コンラッドにいるとあまりバリらしさは感じませんので、気分的にそこの国の文化をこれから触れるんだという期待感がこみ上げてくる場所です。



店内は夕方に行きましたので薄暗い感じですがここのレストランのスタッフもまたSmileがいい感じで店自体は暗さはないです。



ちなみに店内見渡すと日本人も多く見られます。



さてさて、そろそろ料理についてふれましょう。



料理はバリ料理のフルコースを頼みました。



料理・ブンブバリ まずはサテという串焼きですが、串にレモングラスの茎にお肉がまかれています。Sate・Lilit(サテ・リリ)というやつで3種類のお肉をそれぞれ楽しみました。甘いピーナッツソースでいただきます。ビーフとポーク、チキンです。



これはいくらでもいけます。



つくねみたいな感じでしょうか。非常にうまい!!気に入りました。



レモングラスは苦手ですけど、食べるわけではないので気になりません。



あとスパイシーなスープも頂きました。



balifood・料理・ブンブバリ さあ、フルコースなのでまだまだいろいろ出てきます。



はっきりいって量が多いです・・・食べきれません。



魚やらSayur(サユール)という野菜が炒め物などいろいろ出てきます。



私には味的に苦手なものもありますが、今まで食べたことのない味に出会えて楽しかったです。新しい食文化に触れた感じですね。



終わりかな?と思ったら3色のライスが出てきました。いやー量が多いぞ。さすがフルコースだ!!rice・料理・ブンブバリ カレーみたいのも出てきました。ライスといっしょに召し上がれというところでしょうか。



ライスはやはりジャポニカ米ではなくインディカ米で日本のより長細くぱさぱさしているやつですね。



このぱさぱさ感が他の料理と良く合います。



さあ??食べたぞ??というところでデザートです・・・これもまた量と種類がいろいろあります。



料理・ブンブバリ ここはバリ・・・フルーツ天国です。



スターフルーツなど普段食べない珍しいフルーツがいろいろ盛りだくさんに盛られています。



そして、そこにはバリのお菓子もあります。



バリのお菓子は基本的に甘すぎて私にはきついです・・・みためは鮮やかな色を使っていてきれいですがちょっと甘さはきついですね。



バリの人は甘党と聞いてましたが、かなりの甘い物好きですね。料理・ブンブバリフルーツの横にあったのはモチ?とあんこの関係のようなもので、これもあまい・・・



スピードワゴンじゃないですが「あま??????い」と叫びたくなります。



でも唯一お気に入りは Bubur Injin(ブブール・インジン)という黒米とココナッツミルクを使ったプディングです。



これはやはり黒米というのを初めて食したということとココナッツミルクが好きだという理由ですね。



料理・ブンブバリ でもやっぱり完食まではいきませんでした・・・あまいって。



ということで、バリの食文化にフルコースで味わいつくしました。



辛いものから甘いものまでいろいろ楽しめます。



ぜひ行かれてください!!



次回は・・・スパの紹介






【日本旅行】東京発 バリ島特集!価格と内容でイチ押し!

posted by moao at 00:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RESTAURANT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

The Recommendation Restaurant In BALI

Kudeta・バリ・クーデター 今日はバリでオススメのレストランを紹介!!



おすすめは「Kudeta(クーデター)」です。



ここはサーフィンスポットで有名なクタ、レギャンといった地域の上にあるスミニャックという地区にあります。



ヌサドゥアからTAXIで50分くらいですね。まわりはおしゃれなCafeもあっていい感じの土地です。



インド洋に沈む夕日の美しい場所ですね。



このレストランはオープンエアなレストランで目の前は海です、海!!見た感じきちっとしたレストランですがオープンなレストランですから開放感がすごくいい。



クーデター・バリ・コンラッド 



芝生が広がり、その上でリズムを取りながらDJがお皿まわしてます。となりで女性も踊ってるしゆったりまったりしています。



流れている曲もいいんです、これが。



私達がいた席のまわりはヨーロッパ系の人が多く、フレンドリーなナンパを目の前で見させていただきました。



男性も自然な感じで笑顔がさわやかで、見ていて面白かったですね。



まあ、そんな感じにさせるんですね、この環境が・・・もう一回行きたいなあ・・・





スミニャック・バリ・レストラン さて、料理はシーフードメインとした地中海&インターナショナル料理です。



バーベキュード・シーフード・プラッターを確か・・・頼みました。



味付けもなかなかいいです。





私はワインとブラックオリーブさえあればもう満足ですので、これでいくらでもゆっくりワインを楽しめます。レストラン・おいしい・バリ 



今回は大好きなマッシュルームのオリーブオイル炒めみたいなのをオーダーしました。けっこうおいしかったですよ。



で、軽い食事をしながらワインでも飲みながら目の前の海をみているとだんだんまわりの景色がいい感じになるんですよ、ここは!!



バリ・レストラン・おいしい 海の目の前はBarスペース兼ねっころがるベットスペースになっていますのでお食事のあともカクテルで夜の海と気持ちよいテンポの曲でもうこの世の幸せ度120%です。



AM 2:00までやってますから思う存分彼女や奥さんとまったりしてください。心に残るバリのひとときになると思います。



ぜひ行ってみて下さい。moao 一押しです!!



*おまけ・・・もちろんここでもCheck!!



おすすめ・バリ・クーデター 



やはりパウダールームはCheckします。



きれいですよね。お掃除も行き届いてます。



手を洗ったあとはおしぼりも置いてありますし、気配りが利いてます。これなら女性も安心ですね。



BALI・バリ・レストラン 男性用しか写してないですが、男性用がきれいなら女性用もOKでしょう。



タイルもいいですね。





次回はバリ料理のレストランを紹介!!





株式会社ジェイティービー



【日本旅行】東京発 バリ島特集!価格と内容でイチ押し!

posted by moao at 02:47| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | RESTAURANT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

Welcome To Conrad’s Room!!

コンラッド・バリ・ヌサドゥア 今日はコンラッド・バリのお部屋を紹介!!



ということですが、自分達が写っているのでちょっとだけ紹介。



コンラッド・バリに到着して私達の部屋に入ると、そこにはなんともかわいらしい「おさる」が民族衣装で迎えてくれた。



「コンラッドモンキー」だ!!



サルはバリでは神の使いらしいです。この布の柄は神様だけが着ることの出来る柄らしいですよ。



バリを車で走っていると彼が着ている布の柄を良く見かける。なんか神社っぽい石のトウロウみたいなのが道路横によくありますが、ここにもこの布がまいてありました。



で、バスルームにはタートルもいてこのかわいさは空きません。



もちろんサルはもって帰ってきてしまいました。



ちなみにコンラッド・センテニアル・シンガポールとコンラッド・香港はコンラッドベアらしいです。



bath・コンラッド・BALI そして・・・バスルームからはベットが見えます。



ブラインド仕様なので開ければTVも見れます。



新婚さんやカップルにはいいかも。



ちなみに初日はフラワーバスでした。



ふわあ??っと良い香りがします。



家具は落ち着いた感じで色調も良く好きです。



で、最後に悪い情報も・・・



ホテル・コンラッド・バリ 殺虫剤です。



良く見ると「フマキラー」「ベイプ」ってかいてあります。



そうです、ゴキさんいます。





茶色いでかいやついました。滞在中に2匹見つけて1匹退治してやりました。



もちろんヤツがいても妻には気づかれないように退治しました。



そこが思いやりですね、男の・・・



みたら絶対引くから・・・ね。男性は頑張ってね。



場所は排水溝に注意!!







次回はバリのお気に入りレストランです。


株式会社ジェイティービー



【日本旅行】東京発 バリ島特集!価格と内容でイチ押し!

posted by moao at 02:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | BALI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

KIORA KIORA KIORA !!

KIORA・キオラ・麻布 今日は久しぶりの外でのイタリアン。



場所は「ENOTECA KIORA(エノテカキオラ)」



麻布十番ですね。環状3号線から六本木ヒルズに向かうと右手に怪しい赤い光がまたたくカフェがある。



その怪しいルビーカフェを右に曲がると奥にエノテカキオラが静かに待っている・・・



場所的にちょうど六本木ヒルズも近いのでうまく遊んで食べてという感じですね。





お気に入りは「RISTORANTE KIORA(リストランテキオラ)」ですが今回他のKIORA系のお店に行きたくていってみました。





リストランテキオラに比べると派手さがない落ち着いた感じ。



まあ、リストランテキオラはフランスのデザイナー「ブルーノ・モワナー」さんのデザインらしいですから感じは違いますよね。



あのカルティエのデザインをされている方だそうです。



店に入ると縦に長い感じのお店でこじんまりしている。奥の席のそばにはワインセラーがあります。ちょっと狭いかな。



ん??なんか先にリストランテキオラに行ってしまうとなんか内装は期待しすぎた感じです。



料理は普通においしいですよ。お魚に牡蠣、フォアグラおいしかったです。



コースを選択してゆっくり時間をかけて妻とおしゃべりしながら豊かな時間を過ごしました。



で、もちろん愛車のSAABで行きますからワインが飲めないんです・・・ここでワインを飲まないのははっきりいてもったいないんでしょうけどしょうがないですね。



水です。水で食べました。



ワインも450種類くらいコレクションがありますのでワイン好きの方には良いと思います。



お料理ですがリストランテキオラの時も印象に残ったんですが、バルサミコにこだわっている感じがします。何十年もののバルサミコみたいな表現してました。



確かに非常に良い香りがしました。



実は私はバルサミコが大好きで家でサラダにかけたり、バケットにバルサミコ&オリーブオイルをつけてよく食べてます。香りが良くて好きですね。



で、私はいつもレストランに行くと必ず見るのがインテリアともうひとつの場所をチェックします。



みなさんはどこを見ていますか?



私はトイレです。おしゃれに表現するとパウダールームですね。



トイレのデザインが好きなんですね。ここのスペースをどのようにお店がこだわっているかを見るのが好きなんです。



変わった手洗器を使っていたり、ちょっとした絵と額、水はペダル式で足で踏んで出すなどいろいろあります。



いつものように楽しんで入ると・・・あまりに平凡すぎてちょっとがっくりしました。



ちなみにカウンターの椅子はイタリアのカッシーナ社製とのこと。



勝手に自分の考えを書くと、レストランは料理はおいしいのが当たり前でそれプラスアルファが何か欲しいんです。それはインテリアであったりソムリエの人がなんかこうひきつけれられてしまう面白さがあったりと、そういった事が私は欲しいんです。



インテリアってすごく重要ですよね。目の前の空間がいつもの空間と違えばおのずと顔の表情に笑みが出てきません?なんか幸福感のようなものというんでしょうか。



自分の理想の空間に囲まれるということは心地の良いものです。毎日ですと感覚マヒしますけど・・・



贅沢な希望かもしれませんが、残業しながら一生懸命働いた金を使う以上いろいろ刺激が欲しいんですね。



ということでKIORAめぐりは「リストランテ キオラ」が私は食事・インテリア・雰囲気全てやはり好きです。



次はKIORAの第3のレストラン、恵比寿の「TRATTORIA KIORA FUOCO(トラットリア キオラ ザ フォーゴ)」に行きたいです。



RISTORANTE KIORA





【OZmall】憧れレストランの特別席で「8800円のプレミアムディナー」



posted by moao at 22:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | RESTAURANT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

Marine Sports In BALI !!

コンラッド・バリ・ヌサドゥア 今日はマリンスポーツの紹介です。



BALIではスキューバダイビングのスポットもいろいろありますが、ライセンスとか関係しますので気軽に楽しめるマリンスポーツというとジェットスキー、バナナボート、パラセイリングなどがあります。





もちろんコンラッドでもこれらの用意があります。



ちなみにホテルの敷地外の目の前の砂浜にはいつも凧やらこのマリンスポーツのレンタルを売り込むやからが数人いますので注意してください。



マリンジェット・コンラッド・バリ 私もマリンジェットを妻と楽しみました。海きれいだし最高ですよ。



一応日本で船舶の免許は取得済みですが海外ではライセンスなんかいりませんので気軽に楽しめます。



遊べる範囲は最初乗るときに説明してくれます。堤防内で遊ぶことになります。



時間になると海辺で「時間だよ」みたいなサインを出すので、そしたら岸に向かいます。



ただ、コンラッドで注意しなければならないのが、なるべく早起きをして午前中にマリンスポーツを楽しむこと。13時までが限度です。



なぜなら・・・・



コンラッド・バリ・ヒルトン 









午後になると海が引き潮でマリンスポーツは一切楽しめなくなります。



私達はスキューバ用のくつを履いて浅瀬となった海を探索しました。どこまで歩けるかなーって。







するといろいろ発見があります。



バリ・メリア・BALI 







ヒトデやらウニやらごろごろ海底にいます。



小魚などいてなかなか面白いです。



ちなみにこんなことするのはホテルで私達二人だけでした・・・





このホテルの唯一の欠点をあげるとしたら・・・実は海岸です。



はっきりいっていまいちです・・・海水浴も期待しましたがここでは泳ぐひとはいません。



本当に海好きで海水浴を楽しみたい方はこちらのホテルをおすすめいたします。



「Melia Bali(メリア・バリ)」というホテルです。



スペイン系のホテルでコンラッドと同じヌサドゥア地区にあります。



コンラッド・マリンスポーツ・バリ 



なかなか人気のホテルでHISでも結構早くから予約で埋っていました。本当に海はきれいでプールも遊べるし海もくつろげるし私なりに理想の海岸です。



ただ、海以外は私はコンラッドの方が好きです。





事前調査の結果メリア・バリではスパも利用しました。



これは今度記事書きますね。



ということで、次回は部屋とか紹介します。



コンラッド・CONRAD・バリ コンラッドの海でカニみつけました。



結構堤防の近くとかいっぱいいます!!



株式会社ジェイティービー



【日本旅行】東京発 バリ島特集!価格と内容でイチ押し!

posted by moao at 01:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BALI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

During One Sweet Week In CONRAD BALI 

PICT0037 今日はBALIでの滞在ホテルの紹介です。



私達が宿泊したのは「CONRAD BALI RESORT & SPA」です。世界最大級のホテルチェーン「ヒルトンホテル」が保有する最高級ホテルブランドで、場所はバリ島のNusadua(ヌサドゥア)という大型ホテルが並ぶリゾート地区にあります。政府主導で開発された地区らしいですよ。



最近では東京汐留に2005年7月にコンラッド東京がオープンしました。世界で17箇所コンラッドはあるそうです。





私達がバリにいった時は去年9月ですから、ちょうどコンラッド・バリがオープンした年でした。



ですのであまりバリ島の地球の歩き方とか本を探しても写真もありませんでした。



パンフレットだけで決めましたが、決め手はバリっぽくないホテルの雰囲気と部屋の家具が気に入ったところでした。



HISを利用し、もちろんハネムーナーということを告げました。海外では何回いってもハネムーナーです。ハネムーナーですと扱いがどこでも丁寧ですし特典が付きますしね。



ホテルではフラワーバスがプレゼントされました。





PICT0059 感想としては部屋のすぐ近くにプールと目の前に広がる海が最高でした。海のそばにはビーチバレという小屋があり、そこでねっころがって、まったりするのがお気に入りでした。



ここで宿泊している人はこのバレで仲間どうしでカードゲームをしたりと思い思いに過ごしています。



ここはだれでも使えますが予約は出来ないので、朝早く陣取って初日の出を見ながらねっころがりそれから朝食なんてのを楽しみました。

PICT0035 



海風がここちよく朝日も綺麗で本当に癒されます・・・仕事なんか忘れた・・・



夜にライトアップされたプールを楽しむのもオススメです。



デラックスラグーンアクセスという部屋の方々はバルコニーとプールがつながっているので入りたくなったらザブンといけちゃいます。



私達は懲りずにさきほどのビーチバレを陣取って今度は月と星を楽しみました。



ここでもiPodは活躍です。音楽はその場を思い出させる記憶のKeyとなります。



そこで聞いた音楽を聴くとバリの景色がふわーっと目の前に今でも広がってきます・・・



次回は海でのアクティビティを紹介



株式会社ジェイティービー



【日本旅行】東京発 バリ島特集!価格と内容でイチ押し!

posted by moao at 21:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BALI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。