2005年12月04日

朝食の楽しみ その2

この前シリアルに付いて紹介しましたが、また新しいシリアルを購入しました。
これはオススメの一品です。
続きを読む
posted by moao at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

朝食の楽しみは・・・

会社から帰ってくると、外からみる自宅にはあかりがない・・・
まだ妻が里帰りしてないのです。

今は独身生活みたい。
食事の支度もアイロンも自分でやらねばなりません。

そんな毎日でも最初は朝からベーコンに卵焼いたりなどしていましたが、最近は早い安いうまいではないですが、早くて簡単に支度が出来き、栄養バランスもある程度良い朝食が取りたいと思うようになりました。

で、お米やパンからシリアルに変更しました。
これが楽しくてしょうがない。
続きを読む
posted by moao at 01:36| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

NAPOLI Pizza!!

PICT0140 この前暑くてだるいので、どうしても食事の用意を楽したくなった・・・



「じゃあ久しぶりにピザでもとってみようか?」



ということで宅配ピザを何年かぶりにOrderしてみることにした。といっても宅配ピザっていっぱいある。会社から帰宅すると家のLetter Boxには広告がいろいろ入っていて、宅配ピザの広告も多い。



世間一般の宅配ピザのイメージってどうなんだろう?最近の私のイメージは・・・なんか子供向けっぽいいろいろな具材を使ったオイリーなイメージ・・・なんかシンプルで大人向けっぽいのがいいよね。



で、最近出合ったのが「ナポリの窯」・・・



napoli



パンフレットを見てみるとPizzaの他にサイドメニューも大人好み。「ピクルスとブラックオリーブ」、「トマトとモッツアレラのカプレーゼ」などなど・・・



そーいえば小さい頃マック(関西ではマクド・・・)にいくとハンバーガーの中にあるピクルスが苦手で、わざわざ取り出していたっけ・・・今は大好きだけど。



で、私達がチョイスしたのは「ナポリのマルゲリータ」。やっぱりマルゲリータはシンプルで好きだな。定番ですよね。



早速注文したいと思いますが・・・私はインターネット経由で注文しようと思ったらまだHPないんですね・・・いろいろパンフレット読むと以下のようなことが分かった。



1.配達は¥1500以上



*ピッツァは¥1200??、パスタは¥1000??



2.30分配達は安全運転のためやっていない。



*宅配エリアは焼き上がりのピザのおいしさが維持出来る、配達時間10分程度のエリアとのこと



3.ピッツァのサイズは25cm。



4.「ナポリの窯」は株式会社ストロベリーコーンズのフランチャイズ事業である。



なるほど・・・別に30分配達よりは安全運転の方が良いので全然気にならない。逆に事故起こして血だらけになりながら配達されても・・・食べれないし・・・。



さてさて注文注文!!で、待つこと40分・・・ピンポーン!!



キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!



玄関に出るとピッツァの香ばしい香りがふわ??んと漂っている・・・この香りに反応して唾液が・・・



ちなみにバイクで運んできた定員は黒の蝶ネクタイみたいのを付けている。支払いは小銭を頂く時間がもったいないのでぴったり¥1500を支払いすぐ部屋へ。



早速開け食べてみると・・・



napoli_pizza 外側はパリッとして中がモッチリとのことですが、多少湯気で外側がやわらかくなっているのが残念・・・



写真写りはあまり良くないですが、食べてみると結構おいいしいですよ。



トマトソースもさっぱりしていて、生地もモチモチしていておいしいです。Simpleな味でこれは好きな味ですね。2人だとあっという間に食べてしまいます。一人一枚でもいいくらいです。手軽に食べられて、しかもおいしいのでオススメだと思います。



あとはインターネットで注文出来るようにしていただけるとうれしいですね。





インターネットでの注文は、今回の注文の前にいろいろな会社を試して見ましたが、Webはドミノピザが良いと思います。Web上で注文していて楽しいです。(今回は購入の手前までですけど・・・)



ピザをネットで簡単注文!!MyDomino's 【ドミノ・ピザ】



最後に、あれからまた調べてみたんですが、カレーのCoCo壱番屋株式会社ストロベリーコーンズにFC加盟(2005年8月20日)していました。なんでも加盟の目的は宅配に関するノウハウやシステムの学習、「ナポリの窯」の出店はCoCo壱番屋との併設出店を基本でカレーをピザ宅配店が一緒に宅配など店舗運営の合理化、カレーとピザのジョイントということで一度にカレーとピザの宅配が注文出来るとのこと。



うーん、私は併設はあまり・・・店舗のデザインが違いすぎるし「ナポリの窯」のイメージがかわりそうな気がします・・・CoCo壱番屋は会社でお昼にたまに食べに行くので好きですけど併設は・・・・併設の1号店はCoCo壱番屋岐阜市橋店(2005年10月1日OPEN、現在9月30日まで改装のため休業中)だそうです。





ということで、お近くにナポリの窯がある方はぜひお試しあれ!!



*ストロベリーコーンズ 161店、ナポリの窯 24店 (2005年7月末店舗数)

posted by moao at 17:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

MY RECOMMEND SUMMER SWEETS

NEC_0002



今日は暑かったなあ??
こんな時はもう仕事じゃなくて海に行きたいと思いません?



Cool Bizの効果でスーツよりはましになりましたが、熱すぎますオフィス。
だから卓上の扇風機が今じゃ増えている予感・・・



さてさて、こんな暑い日に癒されるのは木陰とかき氷ですよね。
でも今日紹介するのはバリ風です。



Cendol」とかいてチェンドルってメニューに書いてあります。
どんな食べ物かというとタピオカ入りかき氷です。
味はココナッツミルクとグラメラソースを使っているのでココナッツ味でコクがあってあまい味です。
かき氷のしゃきしゃき感とタピオカのつぶつぶが楽しめておいしいですよ。



グラメラソースはシュガーパームといってさとうやしの樹液を煮つめて作る砂糖らしいです。
インドネシアでお菓子とかに使用するポピュラーな材料らしい。



これ家で作りたいな。
ちなみに食べたのは六本木ヒルズの「PUTRI」です。¥750です。



おためしあれ!!










posted by moao at 00:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

Pari No Aji

20050328231603


休日新宿の伊勢丹に行って来た。
妻と一緒にいろいろ見る。
見ると疲れてくる。

そこで今日のお目当ては・・・「チョコレート」

 Jean-Paul Hevin 」である。

ちょうど伊勢丹の地下になる。
お店に向かうともう店の前には行列が・・・
お店はガラス張りで二つに分かれている。
ひとつはチョコレートの販売をしている「カーブ ア ショコラ」よくTVとかでおなじみの専用のDoorManらしき方がいて店内の温度を一定に保っていらっしゃる。
そして、「バー ア ショコラ」。
こちらで今日はホットチョコレートを味わってみたい。

もちろん行列なのですぐには入れない。
椅子でしばし待つ。
でも、待っているとお客さんが帰るたびになんともいえないチョコレートの香りが漂ってきてはやくおいでといわんばかりに誘ってくる。入りたいけどはいれないの。

やっと自分達の番。
ここはカウンター席をチョイス。
ガラス張りなので入ってすぐのテーブルは外にお客さんに覗かれて集中出来ない恐れ有り。

カウンターに通されるとそこの目の前は厨房である。
狭いカウンターに電磁調理器がありその上に深い中ぐらいの鍋でお兄さんが中をかき混ぜている。
そして後ろを向いてチョコレートパウダーをさらさらさらと入れる。
さらにそこに牛乳を入れる。やはりここでも牛乳は「たかなし乳業」。
スターバックスでも「たかなし」使ってたな・・・

で、ここで私達の注文したのは以下の3点

1.ショコラ・ショ”エクアドル”
2.ブリオッシュ
3.ショコラ・ショ アイス(名前忘れた・・・)

で、1は濃密でフルーティなグランクリュ(最高級産地限定)・ショコラでホットチョコレート
2はいびつな軽めのパン
3.はチョコレートのアイスクリーム?

そして私達のテーブルへ。
うわーいい香り。

20050326164440


まずはショコラ・ショを味わう・・熱いので気をつける・・・
ココアのような感じだが濃厚でクリーミィな感じ。なんか深い気がする。
イメージより甘すぎない程よい甘さで飽きない。

で、さらにジャンポールエバンのお奨めの食べ方でブリオッシュをちぎり、ショコラ・ショへひたす・・・
確か小さいころにパンをコーヒーにつけったけ・・・こんな食べ方昔「おばあちゃんみたい」って言われたっけ・・・
なんて複雑な気分になりながらも口へ運ぶ・・・

先ほどとは違うビターな感覚が舌に感じる。ほー。
そのまま味わうと甘いチョコレートだ。で、パンにひたすとビター。

そして妻のアイスを奪って口の中へ。
ほーこれはおいしい。アイスになるとさらに濃厚でクリーミィだ。
これ食べちゃうと、普段食べれないことを考えると悲しくなりそう。

いやー豊かな時間をすごした気がする・・・

そしてプライス 

ショコラ・ショ”エクアドル” ¥1,200
ブリオッシュ ¥200
ショコラ・ショ アイス ¥1,200

おためしあれ!!


Jean-Paul Hevin 

伊勢丹








posted by moao at 01:20| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

Hiroshima No Aji Last

20050218142157.jpg

広島出張の最終回。
最終回は広島の定番「もみじ饅頭」だ。
宮島口からフェリーで厳島神社へと渡る。

片道170円の10分の旅。

非常に空いていて、だいたい座れるみたい。
陸に向かって右側に座ると厳島神社の海に建つ大鳥居が見えてくる。
テレビではみていたがやはり立派な鳥居だ。
それに海に朱に染められた楠木の鳥居が建っている姿は本当に神秘的で神を信じたくなってくるほどだ。
陸からつき出た神社と海の鳥居、素晴らしい構図というか全体的なデザインに感動した。
昔の人の研ぎ澄まされた感性に感心した。

また、なんでもこの鳥居は石が6トンも使われているとのことで、鳥居の屋根にこの石が入っておりそれが「おもし」の役割をしているそうだ。ほーという感じ。

島に到着すると鹿が出迎えてくれる。
初めてこの島に足をふみいれた私は鹿が放し飼いというか平然とそこらじゅうに歩いていることに仰天した。

この島おもしろすぎ。

歩いていると所々小さな黒いまるい塊がちらばっている。
どうやら鹿のうんちらしい。
これもうさぎみたいでかわいい。
とりあえずカメラにおさめる。

商店街に入って来た。
ここには目的の「もみじ饅頭」屋さんが所せましと並んでいる。
「もみじ饅頭」って今まであまり気にしなかったんだけど一つの店が作ってるんじゃないのね?
みんな「もみじ」の同じ型使っていいの?
饅頭のデザインに権利はないの?
そんなことを考えながら饅頭屋をいろいろ見て回る。
みんな同じような「もじみ饅頭」製造マシンを持っていて機敏に正確に同じ物を生産していく。
製造工程における機械の動きがこれまたおもしろい。

空のもみじの型に、油で湿ったハケがもみじの型にまんべくなく油を塗りたくる。
饅頭の素が型に注ぎ込まれる。
円形のあんこがそこへのせられる。
また饅頭の素が注ぎ込まれる。

といった具合に連続動作で起こり次々に流れて行く。
どこか工場のようにその機械の上にはランプがくるくるまわっていた。

店の違いといったらなんだろうか?
接客の他にやはり味、饅頭の素の調合は異なるだろうが、なによりも買い手に訴えかけてくるのは何味かってこと。
お店ごとに饅頭の味を宣伝した看板がずらっと並んでいる。

例えば・・・
こしあん、つぶあん、チョコレート、抹茶、チーズ、カスタードクリームなどだ。
さらに生チーズでこのシリーズにはナチュラル、ブルーベリー、ストロベリー、ヨーグルトなどある。

また数件見つかると・・・個性が出ている。
こしあんゆず風味、アップル、アイスもみじアーモンド・・・わけわからん

で、だんだんもみじ饅頭のイメージからずれてくる・・・
サンリオのキティちゃんの形・・・これはいかん反則。

非常にいろいろ種類がありそれぞれのお店が味のバリエーションを工夫してしのぎを削っている感じ。
ここでは迷わず「藤井屋」を選択。
宮島で大正14年創業の老舗で地元の人に薦められた一品です。
新幹線の売り場にもあるので買い忘れてもOK。

ただ老舗によったら、やはりほかほかの出来立てを食して帰りましょう。
1個100円でおつりがくるものなので、あったかいのちょうだいと言えば出てきました、作りたて。
出来たてってやわらかいんですね。こしあんと合っておいしいですね。
いいにおいです。

お店でも食べられますが、私はテイクアウトしました。
食べながら神社へ。

やっと厳島神社が。
立派です。ちょうど引き潮で床下の地肌がみえます。
台風の影響もあり修復作業中で、ところどころ壊れていますが、これもここの一部と考えて楽しめます。
よく昔の人は考え、そして作ったもんだ。デザインセンスがすばらしい。
自分のいる位置を変えて神社からあの鳥居をみると角度によって最高の景色となる。
ここで能とか舞っていたのだろうか。
さすが世界遺産!!

ぜひ一度行ってみてください!!

厳島神社
藤井屋




posted by moao at 01:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

Hiroshima No Aji No.2

広島出張ネタの2回目。
さてさて会議も午前中で終了したのでいざプチ観光。



少しでも広島を満喫しないと。
実は友人の転職が決まり同期でそいつのお別れ会をすることになっていて横浜までいかなくちゃならない。
新幹線なんで滞在時間は限られている。残されたミッションは、これも名物の「もみじ饅頭」を会社のお土産にすること。お店も老舗の「藤井屋」に決めている。地元の人もお勧めの一品だ。



さて、地元の会社の方に宮島口まで車で送ってもらい、待ちに待った広島名物を食べるとする。
大好物の「あなご」だ。
宮島口といえば有名な「あなご飯」の老舗「うえの」だ。といっても私は始めて食べる。
「あなご」といったらお店によってタレの味ややわらかさも異なり特徴がよく出る食べ物だと思う。楽しみでしょうがないが、やはり人気店だけに適度に混んでいてすぐには食べさせてくれない。
うーん早く食べたい。まあここはこらえて待合室の建たずまいを楽しむとする。
そして待つこと10分ぐらいだろうか、名前を呼ばれてやっと席に着く。



おしながきをみて「特上一つ」と即決。
お値段1890円也。
観光地ではもはや常日頃のランチの金銭感覚は完全になし。
恐いものである。



そんなことを考えている間に「あなご飯」が目の前に。
蓋を開けると想像とは違う光景が・・・よく食べる「あなご」のイメージからか、1本のつながった「あなご」何枚か・・・そう「うな重」のイメージを想像していたが、そこにはちょうど一口で食べやすい大きさの「あなご」が幾重に重なりタレと一緒に輝いていた。



一切れ、その「あなご」を味わってみる・・・
こうばしい良い香りがして、食感はいつもの型崩れしそうなやわらかい感触ではなく、適度な弾力のやわらかさでちょうどよい。
タレもいい。
次はご飯と一緒に食べて、たまにしょうがをつまみ、ゆっくり味わって食べた。



うーんうまい。
どうかまだなくならないで・・・
あーもう食べ終わってしまった・・・



なぜか食べているとふと思うことがある。
「山椒」をかけたい・・・
だがこのお店には置いてない。なぜだろう・・・
たぶんうまいのに。



またぜひ食べたい一品です。
おためしあれ
20050218132410.jpg



あなごめし うえの




posted by moao at 20:01| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hiroshima No Aji No.1

昨日一昨日と広島に出張していた。

仕事の話は抜きにして、ここではやはり「お好み焼き・牡蠣」を食べなくては。

忙しくて最終の新幹線で4時間の旅を満喫し24時過ぎに現地到着。
次の日になってしまったが、それでもうまいものは食べておきたい。

いざ「お好み焼き村」へ。

深夜にお好み焼き屋を探すが既に片付けをしているお店が多いが、実はまだ営業中のお店もあった。
地元出身の先輩はいくつか営業中のお店でも無視していたが、そこはさすが地元で、その店がうまいかうまくないか良く知っていて、彼の頭の中のうまい店リストから一軒づつあたっていくのだ。
頼もしいがさすがに満席だったりとなかなか入れない。

最後の頼みはやはり地元の人、道端に女性が立っている?のでその子達に先輩は聞き込みをしてなんとかたどり着いた。
店にはまだ多くのお客さんで賑わっていた。

カキ焼き、そば豚肉入のお好み焼き、ネギ焼き、スペシャルを頼み、深夜にもかかわらずたいらげてしまった。
まだいけそうだけどさすがにもうAM2時だし太りたくないのでやめとおいた。オタフクソースの効果も手伝って食欲が増進したんだろか? ということで探すのは時間がかかるが食べるのは一瞬だった。
4人だとすぐなくなってしまうけどいろいろ頼めるのが利点だ。




posted by moao at 16:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

Home Party だ!!

PICT0182PICT0180PICT0178
この前友人の家でホームパーティをした。
私の友人は去年子供が生まれたので、そのお披露目パーティのようなもの。

彼はぜひ来てください!!と私の仲間にメールしてくれたのでみんなで行ってきた。
やはり友人宅のパーティなので一人一品料理を持って行くのがルールだ。
私の仲間は女性4人、男性3人の総勢7人でおしかけた。

で、料理の中身だが当日まで一応内緒。手作りの人もいれば出来合いの物、家にちょうどあったものなど様々。
それぞれの個性が出ていておもしろい。
私は結局悩んだあげく、自分の好きないわゆるスイーツを持参した。

何週間か前から悩んで妻にも相談し、やっと決断したのが池袋の東武デパートのケーキ売り場で、「しらら」というのを買ってきた。友人宅へ向かう途中駅なので池袋で購入したけど銀座や新宿でも購入可みたい。

どおゆう物かと言うと、チーズケーキなんだけどかごに盛ってあってふわっとしている見た目も非常に和風というか、すぐに口にいれたくなるようなふんわりとしたもの。
おいしいよ。ふわったとしていて。確か1000円くらい。
選んだ理由はみためと食感のおどろきかな。

銀のぶどう「しらら」

で、パーティーは子供と遊んだり飲みながらつぶれたりとしつつ結局PM2:00からPM10:00まで友人宅で食い続けたね。
年末に実家に帰ったときより食ったよ。
でも最高においしかったし楽しかった。
自分も友達呼んでパーティやろうかな。






posted by moao at 00:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。